調色

染色整理

実際の生地を染色する前には、お客様の指定色に合わせた染色データを作らなければなりません。
20cm位の小片を試験染めして染色データを作る仕事で、一般的には「ビーカー」と呼ばれます。
100種類を超える染料薬品の中から、生地の素材に合わせて最適な組み合わせを選択し、使用量を0.01gの単位で調整しながら色を合わせていきます。
染色は実に繊細で理知的な世界といえます。

企業情報

Company information

艶清興業株式会社

〒494-0003 愛知県一宮市三条字天神西29番地
Tel.0586-62-3211 Fax.0586-62-3283

http://www.tsuyasei.co.jp/

ファッション衣料の中でも、ストレッチパンツ向けの生地の加工がメインです。
お客さんのニーズに合わせた風合作り
(ソフト感、落ち感、しまり感、ふくらみ感、・・・)
後染、先染ともに複合素材を幅広く加工可能
(使っている染料・薬品は400種類以上)
生地入荷→染色整理→検査→出荷まで、社内一貫
明るくてきれいな工場で、しっかりした品質管理
できあがりの幅・長さや収縮は安定
その品質においては、日本だけでなく世界のスタンダードと言っても言い過ぎでありません。

インスタグラム→https://www.instagram.com/oshimas3/
(リンクが張れないのでコピーして貼り付けしてください)